肥前精神医療センター
依存問題を持つ家族のための家族教室
家族向け
 

 F.C.肥前 

          ~ CRAFT Program in Hizen ~

 Community Reinforcement And Family Training:コミュニティ強化と家族訓練

  
依存症は、本人が病気であることを自覚しにく、自分から病院に治療にいくことが難しい病気です。
ご家族は、依存行動をやめさせるために、説得、小言、懇願、脅しなどできる限りの努力を続けて
こられたにもかかわらず、効き目がなかったのではないでしょうか?
 
この教室では、本人の治療への導入に高い効果が実証されているCRAFTというプログラムを用いて
ご家族に正しい知識と本人への接し方を学んでいただくことを目的としています。
 
    ≪曜日≫第4金曜日 
    ≪時間≫10:00~12:00   6回1クールで随時実施
  
 

 

開始時間 10時00分

 1. 開催日時  
    第4金曜日  10:00~12:00   (1クール6回)
 
   ※費用 参加費:1回1000円 
     
 
 2. 開催場所
    肥前精神医療センター  医師養成研修センター2階 セミナー室
 
 3.プログラム
    第1回 
    『まずはじめに必要なこと』
    依存症について学習をします。依存症者の行動を分析し、今のあなたの幸福度を考えます。
    そして、今後の目標を設定します。 
 
   第2回、第3回 
    『コミュニケーションの改善』①②
    依存症者とのコミュニケーションは、極度に偏ったものになりがちです。
    新しいコミュニケーションの方法を学び、実際に声に出して練習します。
 
   第4回 
    『イネーブリングを止め、望ましい行動を増やす』
    イネーブリングでは問題は、解決しません。有効な手だてを考えます。
 
   第5回 
    『あなた自身の生活を豊かにする。本人に治療を勧める。』
    あなた自身へのご褒美を考えましょう。そして、プログラム最後の課題
    ‘本人に治療をすすめる’ことについて考えます。
 
   第6回
    『家庭内暴力の予防』
    依存症者から言葉や行動で暴力を受けたことはありませんか?
    もしかしたら今まであっていても気付いていないかもしれません。
    絶対に暴力は回避しなければいけません。回避すること、予防することを考えます。
 
     ☆この教室の中で聞かれたことは、秘密厳守でお願いします。
 
 
<< 関連パンフレットPDF >>

  依存問題を持つ家族のための家族教室