トップ  >  採用情報・研修案内  >  医局の紹介と医局員からのメッセージ

 

 

初期臨床研修・後期臨床研修

 

 

 

 

 

 

 

医局の紹介と医局員からのメッセージ

  

病院について

”ひぜん”は精神科単科の病院としては症例数、医師数、コメディカル数など圧倒的な規模を誇り、全国で144施設ある国立病院機構の中で、精神科医療における中核的役割を担っています。これからも全国に向けて新たな知見や情報を発信し続けられるよう進化していきます。

 

■病院データ

病床数 508床/医師数 60名(うち精神科医53名、内科医2名、神経内科医1名、歯科医1名、小児科医1名、研修医2名)/一日平均外来患者数 約220名/一日平均入院患者数 約450名

 

■研修医数

後期研修医 約23名、初期研修医 約2名

 

■研修医の出身大学

全国30大学以上、約140名(実人数):北海道大学、札幌医科大学、新潟大学、自治医科大学、東京大学、東京医科歯科大学、富山大学、日本大学、東邦大学、埼玉医科大学、山梨大学、金沢大学、福井大学、愛知医科大学、三重大学、京都大学、奈良県立医科大学、大阪大学、和歌山県立医科大学、香川大学、愛媛大学、岡山大学、川崎医科大学、鳥取大学、島根医科大学、山口大学、九州大学、産業医科大学、久留米大学、福岡大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学

 

■主な関連施設

国立病院機構(花巻病院、久里浜医療センター、東尾張病院、琉球病院、小諸高原病院、賀茂精神医療センター、九州医療センター、菊池病院、佐賀病院、東佐賀病院、嬉野医療センター、福岡病院)、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター、佐賀県医療センター好生館、佐賀大学医学部附属病院、熊本大学医学部附属病院、佐賀県精神保健福祉センター、九州大学病院、福岡大学病院、八幡厚生病院、福岡青洲会病院、など

 

■学会認定・修練施設等

精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設、日本専門医機構精神科専門医研修基幹施設、日本老年精神医学会認定施設、日本児童青年精神医学会、日本森田療法学会、日本行動療法学会、日本認知療法学会、日本アルコール・薬物医学会、日本司法精神医学会、日本精神科救急学会

 

■周辺環境

当院は佐賀平野の東部、自然の美しい吉野ヶ里町にあり、全国的に有名な吉野ヶ里歴史公園(吉野ヶ里遺跡)に隣接しています。東京ドーム約6個分の広大な敷地には病棟以外にも本格的なグラウンドなど様々な施設が整備されています。また、高速道路のインターチェンジから車で3分とアクセスも便利で、多くの職員が福岡や熊本からも通勤しています。

 

■保育施設

院内に保育園あり、7:15~18:45、定員60名


 

医局と主な診療スタッフ

”ひぜん”は“精神科病棟の開放化”を日本で初めて行ったことや多数の著明な先輩諸氏を生み出してきたことで、全国的にその名を知られています。患者さん中心の基本理念はそのままに、常に最善の医療を一人一人が模索しています。 

 

医局集合写真

 

各部門の紹介はコチラ         主な診療スタッフの紹介はコチラ

 

 

 

臨床研究

”ひぜん”は厚生労働省の委託研究を始め、最先端の臨床研究を多数並行して行っています。レジデントも1年目から臨床研究に参加することで幅広い視点で診療を行う力をつけています。

臨床研究部門の詳細はコチラ

 

 

 

医局員からのメッセージ ~“ひぜん”を選んだ理由~

 

   

 

 

  • 久留米大学卒 精神科1年目(心臓血管内科より転科) 女性医師

 今まで内科・循環器科領域に携わってきましたが、今年度より精神科に転科しました。まずは精神科医療を広く診たいという思いがあり、見学に行き肥前で研修することに決めました。実際、症例が豊富であることはもちろん、各専門の先生方から丁寧な指導を受けることができ、勉強会や症例検討会も多く、肥前には精神科全般を深く経験できる環境が整っているように思います。レジデントの先生方のモチベーションがとても高く、精神科1年目が充実したものになると思っています。

 

  • 富山大学卒 精神科3年目 男性医師

 私は富山県で精神科の後期研修を2年、主に成人の症例を経験したのち、児童精神科の臨床経験を積みたいと考え、当院の後期研修を志望いたしました。現在は肥前精神医療センターの児童レジデントとして勉強中です。児童精神科グループは指導医の先生方も大変熱心で、色々な事を相談しながらじっくり取り組むことができる環境だと思います。また、外来・入院ともに症例も豊富で、幼児~思春期までの様々な症例が経験できます。また、佐賀県は発達障害に関しての地域の支援も充実しており、関係機関との連携についても学ぶことができます。気候も穏やかで、住みやすい地域だとも思います。御興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。

 

  • 九州大学卒 精神科1年目 男性医師

 精神科としての第一歩を踏み出すにあたって、とにかく最初は様々な患者さんと出会うことが大切だと考え、ここ肥前精神医療センターを研修先として選びました。来てまだ2ヶ月で、分らないことだらけですが、素敵な先輩方、同僚、スタッフ、豊かな自然、そして患者さん達に囲まれながら、楽しく学ぶ日々を過ごせています。これを書きながら、ここに来てよかったなと改めて感じています。ご興味があれば是非一度遊びにいらしてください。

 

  • 佐賀大学卒 精神科2年目 男性医師

 肥前の後期研修医として既に1年間以上お世話になっています。肥前の良いところは①多種多様な症例を経験できる②医師が多く、相談しやすい環境であり、③コメディカルも充実しており、後期研修にはとても良い環境と思われます。精神科医としての基礎、サブスペシャリティーを身につけるにもとても良い環境なので、ご興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。

 

  • 長崎大学卒 精神科1年目(内科より転科) 男性医師

 精神科歴(=ひぜん歴)はまだ8カ月目の医師です。「病院の紹介を」と言われたので何となく文章を書いてみます。

「あっという間の」8カ月が過ぎたところですが、今のところ、大変充実した後期研修生活が送れています。

この病院では(幸いなことに)、日勤帯・当直帯問わず緊急入院が少なくなく、私も、早くも措置入院を数例、担当させて頂きました。(医療保護入院の症例は数えきれません・・・)

また、①精神科救急病棟の他にも、②重症心身障害者病棟(通称:「動く重心」)や③慢性期病棟(Scまたは認知症)、④アルコール・薬物依存症病棟で研修させて頂いています。経験した入院症例を今数えてみたら合計で40症例でした。順調です。

個人的な話ですが、精神科8カ月の時点で、指定医症例はすべて経験できました。さすが「精神科疾患のデパート」の肥前です。

 症例自体も教育的な症例を担当させてもらっており、量と質とともに調度良いです。私みたいに「習うより、まずは慣れろ」のタイプの人間には、とても快適な環境です。

 とは言っても、教育が不足しているわけではありません。精神科常勤医24名(ほとんどが精神科指定医) +内科医3名ですので、臨床上の指導も十分にして頂いています。また、学問的なサポートも「クルズス」という多施設での勉強会が週2回ありますし、学会・勉強会へも気軽に行かせてもらっています。(チューターの先生や病棟医長の先生方、度々、ありがとうございます)

 あえて欠点を言うと、田舎の真ん中にあるので、仕事の帰りがけに徒歩で飲みには行けません。繁華街や飲酒に対しての欲求が強い先生にはちょっと向かなのかな、と思われます。(でも、それぐらい静かな環境の方が患者さんたちへの療養には良いのかも!?) とは言っても博多から通ってこられる先生方も多いので、何とかなるかもしれませんね。

今後は、認知症病棟や司法観察法病棟、児童思春期病棟なども経験したいと思います。

今のところ、肥前で3年の研修予定ですが、あっという間の研修生活になりそうです。

まだまだ話はつきませんが、話が長くなったのであとは、他のレジデントの文章を読んで頂ければ良いのかな、と思います。

良ければみなさんも、肥前で一緒に勉強しませんか。

 

  • 佐賀大学卒 精神科1年目 女性医師

 初期研修を大学病院で終え、その後レジデントとして肥前精神医療センターに参りました。とにかく多くの症例を経験し、早く一人前になりたいとの思いでこの病院でのレジデントを選択しましたが、その希望のとおり充実した研修を行うことが出来ています。精神科初心者としては、症例の多さと、指導してくれる先生方が多く気軽に相談できることが魅力です。まだまだ迷うことが多いですが、様々な先生方のご指導を頂きながら診療を行うことが出来ています。

教育には非常に重点を置かれていますので、私のような初期研修後の医師にとっても、他科から精神科に転科を考えておられる先生方にとっても、勤務しやすい病院であると思います。

病院の概要についてはホームページ等々にも記載されてあるので割愛しますが、診療でも研究でも自分のしたいことが叶いやすい病院だと思います。興味のある方は、ぜひ一度見学に来られて下さい。

 

  • 藤田保健衛生大学卒 精神科2年目 男性医師

 精神科を研修するにあたって様々な症例、困難な症例を経験できる場所を探し、肥前精神医療センターで研修することとしました。結果、指定医の症例は1年目でそろいましたし、昨年は様々な症例を経験することができたと思っています。また、指導して下さる精神科医が非常に多く、教育の面でもしっかりしているとも思います。今年度は司法精神(医療観察法病棟)をローテートさせていただき、多職種で一人の患者さんを治療していく、実に贅沢な経験をさせてもらっていると感じています。もちろん忙しい面もありますが、有意義な研修ができているのではないかと感じています。

 
  • 埼玉医科大学卒 精神科3年目(小児科より転科) 女性医師

 私が肥前精神医療センターを選んだ理由は、地元の九州にあり、児童精神科の外来と、児童病棟があること、見学に来た際の医局の雰囲気が良かったことです。

実際に就職してみて、アットホームな雰囲気の中で、指導医の先生方に指導していただきながら、たくさんの経験を積むことが出来ました。病院の環境も、自然に恵まれ、敷地の中を患者さんと散歩したりレクリエーションに参加して体を動かすこともできるのは、肥前精神医療センターならではと思います。

成人、児童どのグループも問わずいろいろ経験することが出来ますので、実地で勉強したい先生方にはとてもお勧めの環境だと思います。ぜひ、見学に一度いらしてください。

 

  • 信州大学卒 精神科2年目 ※初期研修2年目から肥前  男性医師

 臨床のことは他の先生方が書かれていると思うので、私は肥前の別の側面を少し紹介したいと思います。肥前では今年度よりfMRIが導入され、新任の上野臨床研究部長の下「脳生理・神経画像研究室」なるものが立ち上がりました。私もその1期生として勉強中です。ご存じのように、脳機能画像による精神疾患の病態研究は今最もhotな分野の一つです。しかしこれまでそういったことは大学などの機関でしか行えませんでした。他の先生方も書いている通り、肥前は症例が極めて豊富ですので、アイデア次第で様々な研究をデザインすることが可能なはずです。また、他科との兼ね合いなどがないため、いつでも気兼ねなく検査を施行できるという点も強みです。これだけ恵まれた条件は世界的にも非常に稀少です。まだ生まれたての小さなLabですが、九大精神科とも連携して試行錯誤しながら、研究室員一同、大きな夢を見ています。一緒に肥前からセカイを目指しませんか?仲間、募集中です。

 

  • 聖マリアンナ大学卒 精神科2年目 女性医師

 私が、肥前精神医療センターを志望した理由は児童精神科について学べる施設であったからです。

しかし、実際に研修をスタートしてみると、成人の急性期~慢性期、認知症、アルコール・中毒、司法と幅広く充実しており、本来念頭においていなかった分野も勉強する機会をいただいて、自分自身の視野も広がりました。現在は急性期、慢性期病棟、児童思春期病棟だけでなく、司法精神医学の鑑定助手も一年目から経験させていただいたり、動く重症心身障害児(者)の病棟にも関わることができ、魅力にはまっています。

それぞれ、みなさんの頭の中ではこんな精神科医になりたい、この分野を突きつめていきたいという思いがあると思いますが、当院は経験症例が豊富ですので理想とする精神科医に近づくだけでなく、自分自身の興味の新たな発見もできる施設だと思います。

四季を感じながら、研修ができることも魅力の一つです。ぜひ、一度見学にいらしてください。

 
  • 熊本大学卒 精神科3年目 男性医師

 熊本大学神経精神科の研修プログラムの一環として1年間当院で研修しています。当院はこれまで研修してきた病院と比較しても経験できる症例が幅広く、急性期から慢性期まで、児童思春期から老年期まで、なんでも揃った精神科の総合病院という印象です。臨床能力を磨くには大変良い環境と感じています。各専門領域のエキスパートの先生方から学ぶことができることも研修を受ける上で大きな魅力の一つです。また、オンとオフの区切りがきちんとでき、休日はプライベートな時間を大切にし、生活と仕事をバランス良く楽しんでいます。ぜひ、まずは病院見学にいらしてください。

 
  • 富山大学卒 精神科3年目 女性医師

 私は、大学病院での研修を経て精神科臨床の面白さを知り、経験と幅を広げたいという気持からの希望で、当院に研修に来させていただきました。敷地、患者さんの質、病院の大きな規模に最初は圧倒されてもいましたが、特色ある病棟の数々はほとんどの精神科領域を網羅しており、1年間の研修だけでも、多くの印象的な患者さんたちの診療にあたることができました。今年は肥前での2年目の研修になりますが、目標や希望に応じて研修を計画でき、臨床や研究の指導陣も豊かなこの環境を精一杯活用できるよう日々励んでいます。肥前での研修を経て、どんな精神科領域の患者さんでも自分で診ることができること、日々の臨床から出てくるいろいろな疑問を研究につなげられるようになることが、当面の目標です。楽しいことも大変なことも一緒に経験できるレジデント仲間がたくさん集まる肥前で、一緒に研修を始めませんか。

 
  • 奈良県立医科大学卒 精神科1年目 男性医師

 私が初期研修で精神科をまわるまで、肥前精神医療センターという名前を聞いたことはありませんでした。私は後期研修はしっかりとした基礎的精神科臨床能力をつけたいと思っていましたので、そのことを研修先の指導医の先生に相談したところ「肥前がいい」と聞いてから、ホームページを見たり病院見学に行かせて頂くようになりました。それでもうここしかないと思って当センターを研修先に決めました。

“ひぜん”は東京ドーム6個分の巨大な敷地内に児童思春期、精神科スーパー救急、精神科リハビリ、地域社会精神医療、アルコール・薬物依存、認知症、司法精神医学など、色々な症例が経験でき幅広い勉強ができます。また精神科研修といえば“ひぜん”ということで全国から私のように研修に来られる先生方がいます。その理由は研修医ひとりひとりにチューターと指導医がつき、それぞれの希望に沿ったオーダーメイドの研修ができるからです。実際研修して思った事は、色々大変なことも多いですが、チューター・指導医に気軽に治療方針を相談でき、勉強する機会が身近にあり研修に最適な環境であるということです。でも“ひぜん”にきて何より一番良かったことは後期研修医が多く、切磋琢磨し楽しく研修できることです。

 
  • 九州大学卒   精神科8年目 (内科より転科)  男性医師

 一般内科を12年経験。その後精神科に興味を持ち、民間の精神科病院に勤務をしておりました。その病院は比較的、慢性期の患者さんが多い病院でした。書物である程度の知識も得ましたが、急性期のトレーニングを受けたいとの思いもあり、基本を実感し吸収出来る所として迷わず、肥前精神医療センターに勤務しました。非常に多彩な患者さんに対し、経験豊かな指導医が多角的に適切なアドバイスを下さり、成書に書かれていた知識が『実感を持って身につく』と感じる今日この頃です。

 
 

 

 

 

前
教育理念と後期研修の特徴(教育研修科医長より)
カテゴリートップ
TOP
次
児童精神科研修を希望される先生方へ

page top