トップ  >  研修案内・採用情報  >  医局の紹介と医局員からのメッセージ

 

 

初期臨床研修・後期臨床研修

 

 

 

 

 

 

 

医局の紹介と医局員からのメッセージ

  

病院について

”ひぜん”は精神科単科の病院としては症例数、医師数、コメディカル数など圧倒的な規模を誇り、全国で144施設ある国立病院機構の中で、精神科医療における中核的役割を担っています。これからも全国に向けて新たな知見や情報を発信し続けられるよう進化していきます。

 

■病院データ

病床数 508床/医師数 60名(うち精神科医53名、内科医2名、神経内科医1名、歯科医1名、小児科医1名、研修医2名)/一日平均外来患者数 約220名/一日平均入院患者数 約450名

 

■研修医数

後期研修医 約23名、初期研修医 約2名

 

■研修医の出身大学

全国30大学以上、約140名(実人数):北海道大学、札幌医科大学、新潟大学、自治医科大学、東京大学、東京医科歯科大学、富山大学、日本大学、東邦大学、埼玉医科大学、山梨大学、金沢大学、福井大学、愛知医科大学、三重大学、京都大学、奈良県立医科大学、大阪大学、和歌山県立医科大学、香川大学、愛媛大学、岡山大学、川崎医科大学、鳥取大学、島根医科大学、山口大学、九州大学、産業医科大学、久留米大学、福岡大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学

 

■主な関連施設

国立病院機構(花巻病院、久里浜医療センター、東尾張病院、琉球病院、小諸高原病院、賀茂精神医療センター、九州医療センター、菊池病院、佐賀病院、東佐賀病院、嬉野医療センター、福岡病院)、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター、佐賀県医療センター好生館、佐賀大学医学部附属病院、熊本大学医学部附属病院、佐賀県精神保健福祉センター、九州大学病院、福岡大学病院、八幡厚生病院、福岡青洲会病院、など

 

■学会認定・修練施設等

精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設、日本専門医機構精神科専門医研修基幹施設、日本老年精神医学会認定施設、日本児童青年精神医学会、日本森田療法学会、日本行動療法学会、日本認知療法学会、日本アルコール・薬物医学会、日本司法精神医学会、日本精神科救急学会

 

■周辺環境

当院は佐賀平野の東部、自然の美しい吉野ヶ里町にあり、全国的に有名な吉野ヶ里歴史公園(吉野ヶ里遺跡)に隣接しています。東京ドーム約6個分の広大な敷地には病棟以外にも本格的なグラウンドなど様々な施設が整備されています。また、高速道路のインターチェンジから車で3分とアクセスも便利で、多くの職員が福岡や熊本からも通勤しています。

 

■保育施設

院内に保育園あり、7:15~18:45、定員60名


 

医局と主な診療スタッフ

”ひぜん”は“精神科病棟の開放化”を日本で初めて行ったことや多数の著明な先輩諸氏を生み出してきたことで、全国的にその名を知られています。患者さん中心の基本理念はそのままに、常に最善の医療を一人一人が模索しています。 

 

医局集合写真

 

各部門の紹介はコチラ         主な診療スタッフの紹介はコチラ

 

 

 

臨床研究

”ひぜん”は厚生労働省の委託研究を始め、最先端の臨床研究を多数並行して行っています。レジデントも1年目から臨床研究に参加することで幅広い視点で診療を行う力をつけています。

臨床研究部門の詳細はコチラ

 

 

 

医局員からのメッセージ ~“ひぜん”を選んだ理由~

 

   

 

 

  • 帝京大学卒 精神科2年目(小児科より転科) 男性医師

 肥前精神医療センターの後期レジデント2年目です、当院を選んだ理由を書かせていただきます。将来、児童精神科に進みたいと考えており、児童の症例がたくさん経験でき、なおかつ福岡から通勤できる病院を探し、当院を選びました。1年目は成人症例を主に担当させて頂きましたが、児童外来の予診には1年目の4月から入らせて頂きました。成人、児童ともに多彩な患者さんがおり、当院でないと経験できない症例がたくさんあります。精神科を始めるにあたり、当院でたくさんの症例を経験できることは将来にしっかりと繋がる魅力だと感じています。

 

  • 佐賀大学卒 精神科3年目(形成外科より転科) 男性医師

 形成外科からの転科です。救命救急・外傷への対応において、精神疾患を合併している症例(自殺企図、幻覚妄想に操られた自傷行為、過量服薬など、軽症から重症まで様々…)を多く経験したことがきっかけで、精神科治療の重要性、難しさを意識するようになりました。精神科への転科を決意し、修行を積むのであれば、これまで学生時代の実習や初期研修医時代の短期研修で良く知っている肥前が一番だと考え、やって来ました。なお私が勤務し始めたのが丁度、紙カルテから電子カルテに切り替わり病棟も建て替えられる等、肥前が新しく生まれ変わったばかりの頃でした。書類整理やカルテ記載などの業務時間が短縮されたため、これまでよりも臨床に専念することができるようになっています。肥前名物の中央廊下は、建て替えに伴い全長500メートル(!)まで長くなってしまったものの、お陰で良い運動になり、ダイエットにもなりました(笑)。

 

  • 埼玉医科大学卒 精神科3年目(小児科より転科)男性医師

 精神歴=肥前歴=3年目の医師です。 初期研修医時代以降、「精神科」としての診療に携わる機会はありませんでした。そんな中で、一般診療の場面で精神科としての関わり方、視点が持てると診療の幅が大きく広がることに気づき、精神科の門を叩きました。「スタートが遅かったのでは」という不安な第一歩を、数多くの先輩医師、各職種のスタッフが受け入れてくれて、あっという間の3年目です。臨床も研究も、たくさんの出会いの機会が、広大な敷地の中にあります。意欲を持てば必ず応えてくれる環境があります。このホームページにたどり着いた先生は、是非、一度肥前に足を運んでください。きっと、精神科診療への意欲が盛り上がると思います。

 

  • 鹿児島大学卒 精神科3年目 女性医師

 肥前の後期研修医として2年が過ぎました。ここでの研修を選んだ理由としては、臨床医として働くにあたり、豊富な症例を経験できることでした。この研修を振り返り、肥前での後期研修を志望してよかったことをさらに考察してみました。肥前の後期研修での利点は、①単科の精神科病院で多種多様な症例が経験できる②サブスペシャリティの専門科の先生方に師事を受けられる③豊富な職種による多職種連携と肥前ならではの特殊治療経験が得られる④医局会での症例検討会やグループカンファレンスで幅広い専門性の先生方の見解やアプローチを一緒に検討していただける、と言ったところが浮かびました。医局も50名を超える大所帯ですが、院長・副院長へ1年目の医師でも治療の相談にフランクにのっていただける敷居の低さと、バラエティにとぶ先生方による臨床アプローチの豊富さが魅力だと思います。加えて、生活環境としても風光明媚で、他県から赴任した当初、麦秋や田んぼの水面に映る夕日、桜の並木道高い青空など日々の移り変わりを感じられる渋滞のない通勤時間を、好きな音楽を聴きながらの至福のリラックスタイムと至福を実感していました。ここは、のんびりとおいしい食べ物に囲まれて心豊かに丁寧に生きることが出来る地だと思っています。興味のある方は“百聞”より“一見”してみて下さい。

 

  • 神戸大学卒 精神科2年目 男性医師

 私は小児科志望でしたが、初期研修中の精神科研修にて児童思春期の患者と接する機会があり、そこから児童精神科医を目指したいと思うようになりました。 肥前を選んだきっかけは、率直に話すと、九州出身であったことと、研修病院を探し始めた時期にまだ募集が行われていたことです。すみません。肥前では児童精神の研修環境が整っていることをネットで知り、見学もしましたが、今思うとまだどのような病院なのかも正直分かっていなかったと思います。 そうしてスタートした研修でしたが、1年を終えて振り返ると、この病院で研修を積むことが出来てよかった、ありがたいなとしみじみ感じています、ほんとうに!肥前は遺跡が有名な吉野ヶ里町、遺跡付近の駅よりさらに山の方にあります。場所こそ田舎ですが、そこに研鑽の為に自ら集まったレジの仲間達、そして指導医の先生方は、本当に優秀で志のある方々ばかりです。そのような環境で日々を過ごせます、そんな先生方と話しをしながら研修ができます、肥前はそんな場所だと思います。

 

  • 九州大学卒 精神科2年目 男性医師

 私は九州大学を卒業した後、秋田県は能代で初期研修を2年行った後、九州大学精神科に入局しました。入局1年目は認知症専門病棟の精神科ということで、認知症の方しか診ることが出来ず、かつ終始身体疾患の対応に追われていたため、幅広い精神疾患をしっかりじっくりと診ることが出来る肥前精神医療センターでの勤務を希望し、今年九大からの派遣で当院に来ることが出来ました。肥前精神医療センターに来てまだ1ヵ月も経っていませんが、非常に充実した日々を送ることが出来ております。 肥前精神医療センターのいいところとしては、非常に豊富な症例を経験出来るところだと思います。上級医の先生方や同期の先生も非常に多く、かつどの先生も親身になって指導してくださるので、(決して誇張表現ではなく)どんな些細な疑問であっても遠慮無く訊くことが出来る環境が整っています。勉強会・症例検討会は定期的に開かれており、研究室などもあるため学術的な知識もしっかりと学ぶことが出来ます。ご興味のある方は是非一度見学にいらしてください。

 

  • 宮﨑大学卒 精神科3年目(小児科より転科) 女性医師

 私は初期研修を終了後小児科医として5年間勤務し、サブスペシャルティーとして児童精神科の知識と経験を得たいと希望し肥前精神医療センターの後期研修医になりました。児童精神科の研修を受けることができる病院はいくつもありましたが、せっかく精神科の勉強をするなら子どももキャリーオーバーの成人も診ることができるようになりたいと考えて肥前を選びました。児童領域はもちろん、各専門領域を丁寧にご指導頂いています。さらに、院内にすてきな保育園があり、育児に理解がある職場なので、1歳の子どもを育てながらも充実した研修を送ることができています。精神科にご興味がある方はぜひ、一度肥前に見学に来ていただければと思います。

 

  • 島根大学卒 精神科1年目 男性医師

 きっかけは「ひぜん」のホームページでした。多種多様な症例を経験できる。医師が多く相談しやすい。勉強会や症例検討会が多い。研究も行える。気候も穏やかで住みやすい。先輩レジデントのそんなメッセージにひかれ、見学に行きました。「ひぜん」の皆さんにお会いし、いろいろとお話を聞き、ここで研修したいと思いました。「ひぜん」には、さまざまな魅力があると思います。ご興味があれば、ぜひ一度見学にいらしてください。

 

  • 熊本大学卒 精神科1年目 男性医師

 私はかなり遠回りをして医師になりましたので、なるべく早く一人前の精神科医になるために、精神科医療全般を広く深く経験できて精神保健指定医や専門医などの資格を取得する環境も十分に整っている肥前精神医療センターでの後期研修が最適であると考えました。 豊富な臨床症例、クルズスなどの勉強会や講習会、チューターと指導医のサポート、そして希望に沿ったオーダーメイドの研修ができることも魅力的です。 肥前単独研修コースを選択し、サブスペシャリティに関しては研修を通じて広く学びながらじっくり考えて選択しようと思っています。 精神科医だらけ?の肥前には、様々な経歴や出身の(良い意味で)個性的なレジデントが多数在籍していて、助け合い切磋琢磨しながら研鑽を積んでいます。飲み会もちょいちょいあります(参加は自由です)。 精神科医として成長するうえでこれ以上の環境はないと思っています。

 

  • 徳島大学卒 精神科1年目(外科より転科) 女性医師

 私は徳島大学医学部を卒業し、初期研修終了後は、外科分野で2年間勤務していました。 以前から精神科にも興味がありましたので、今年から精神科に転科しました。特に精神鑑定に興味があり、将来的には司法精神医学の分野に進みたいと考えていますので、「医療観察法の病棟があり、研修制度が整っている病院」という条件で研修施設を探しました。肥前精神医療センターは、医療観察法の病棟はもちろん、精神科の全ての分野がそろっていますし、研修医の数も多く、研修制度が整っているようでしたので、迷わず決めました。これから3年間の研修で精神科診療の基礎を身につけていきたいと思っています。

 

  • 広島大学卒 精神科4年目 男性医師

 私は精神科医師としては4年目となりますが、これまでの3年間は総合病院と大学病院の精神科で勤務してまいりました。身体合併症など、総合病院ならではのケースに対する研鑽は積むことができましたが、分野の幅広い精神医療において自身の臨床スキルに不安を感じておりました。今年度から初めての単科精神科病院での勤務となったのですが、ここ肥前精神医療センターは全国的にも規模が大きく有名で、児童精神や医療観察法、依存症、精神科救急など様々な分野にスペシャリストがいらっしゃいます。指導医の先生方は数多く熱心なため、沢山の経験を積み技術を磨くことができると感じました。多職種の方々も誇りをもって診療にあたりチーム医療を実践されており、感銘を受けました。素晴らしい先生方・スタッフの方々と一緒に働くことで、精神科医としての能力だけでなく自身の人間性も磨かれていくのではないかと思います。

 

前
教育理念と後期研修の特徴(教育研修科医長より)
カテゴリートップ
TOP
次
児童精神科研修を希望される先生方へ

page top