トップ  >  よくあるご質問  >  脊振検診についての質問

FAQ(よくある質問と回答)

目次


健診を受ける前に用意するものは?

事前に用意していただくものは特にありません。
ただし、MRI検査室内には磁気が発生しておりますので、磁気カード(キャッシュカード、テレホンカード等)や時計、鍵、補聴器等の金属類はMRI検査室内には絶対に持ち込まないで、待合室に保管しておいて下さい。また、ネクタイピン、ヘアピン、イヤリング、ピアス、義歯などもMRI検査入室前にはずして下さい。

MRI健診でどういうことが分かるの?

今回のMRI健診は、加齢や動脈硬化に基づく脳の形態や機能の変化をとらえることを主眼においており、健診を受けられた皆様への報告は、小さな脳梗塞を含めた動脈硬化性病変の程度を中心に評価し、ご助言を添えてご報告することにしております。また、画像診断の専門の医師が読影を行いますので、その他にもMRI画像上みられる病変についてもご報告できます。

MRI健診では分からないことは?

MRIは、脳の構造が詳細に分かる最も進んだ検査法の一つではありますが、今回の健診で異常が見つからなくても、現在の医学のレベルでは、将来脳梗塞や脳出血が絶対起きないとか、脳腫瘍やアルツハイマー病にならないという保証まではできません。また、今回の健診では血管撮影は行っておりませんので、小さな脳動脈瘤(クモ膜下出血の原因)の検出はできません。

健診結果の報告はどのように通知されるの?

各年12月末を目途に健診を受けられた方に直接郵送でご報告いたします。報告書の様式はMRI検査室内に掲示しております。また、健診結果は神埼市脊振総合支所保健師と背振町診療所医師にも報告させて頂きます。また、翌年1月頃には結果説明会と講演会を予定しております。

今回の健診結果が、他の医療機関で必要になった場合は?

将来他の医療機関を受診され今回のMRI健診結果が必要であれば、フィルムなどをお貸しできます。その際は、担当者に遠慮なくご相談下さい。

page top